8月5日に開幕となるリオ五輪オリンピック。
スポーツ観戦にくぎ付けで、寝不足になる方が続出しそうです。

オリンピックの見どころは選手の頑張る姿ですが、それをさらに盛り上げてくれるのが、オリンピックテーマソング
ブラジル音楽というとラテン系ミュージック Samba(サンバ)ですが、オリンピック開催期間は、大会公式テーマソングや、現地状況を伝えるNHK・民法各局のテーマソングが、選手の活躍を盛り上げてくれます。

そこで、各局テーマソングを一挙紹介します!

大会公式テーマソング:Alma e Coracao / プロジョタ&チアギーニョ

代表するアーティス、プロジョタとチアギーニョのコラボソング。
タイトルの「Alma e Coracao」とは、「Soul and Heart=魂とハート」という意味。映像では、リオの美しい景色も楽しめます。

NHK:Hero / 安室奈美恵

NHKの五輪テーマソングは、安室奈美恵さんの「Hero」。
いつかは自分も「誰かのヒーロー」になれるようにと歌った、希望や勇気を与えてくれる応援ソングです。歴代の五輪テーマソングも超有名曲で、選手の感動シーンをNHKのテーマソングとともに覚えている人も多いほどです。

日本テレビ:Power of the Paradise / 嵐

日本テレビのテーマソングは、嵐のエネルギッシュ&爽快なダンス・ナンバー「Power of the Paradise」。日テレのオリンピックの顔といえば今大会で5大会連続でメインキャスターを務めることになる櫻井翔さん。テーマソングも2004年以降、連続6回、嵐が担当しています。

TBS:ありがとう / SMAP

日本テレビのオリンピックのメインキャスターが嵐の櫻井翔さんなら、TBSはSMAPの中居正広さん。夏季冬季続けて7回目の登用です。テーマ―ソングもそれに合わせてSMAPソング。新曲ではなく、10年前の大ヒット曲「ありがとう」がテーマソングになっています。

テレビ朝日:1461日 / 福山雅治

テレ朝だって負けてはいません。テーマ曲は2000年のシドニー大会以降5大会連続でテレビ朝日の五輪中継への参加が決定している福山雅治さん。今回もカメラを片手に現地レポートをされるとか。メインキャスターも定番松岡修造さんです。

フジテレビ:Joy‐ride ~歓喜のドライブ~ / EXILE

フジテレビもテーマ曲は他局に負けません。EXILEのJoy‐ride ~歓喜のドライブ~。元気が出るダンスチューン。パフォーマーのダンスが全力キレキレでカッコいいです。

テレビ東京:起死回生 / 和楽器バンド

他の曲が、直球ど真ん中なメジャーソングなのに対し、我が道をいくのがテレビ東京。琴や笛など和の楽器を使いながら、軽快な力強いソングで、ビジュアルもカッコいいです。